国際離婚 中国人同士の離婚手続・日本人と中国人の離婚手続

星野・長塚・木川法律事務所では,日本に居住する中国人の方の離婚事件を取り扱っております。
日本人配偶者と中国人配偶者の離婚手続,中国人配偶者と日本人配偶者の離婚手続,日本に居住する中国人同士の離婚手続いずれも取扱い可能です。
中国語対応も可能です。

【中国人同士の離婚手続】
日本に居住する中国人同士の夫婦でも,日本で離婚手続を進めることができます。
中国で婚姻登記をしている場合,中国人夫婦が日本に来てから大使館を通じて婚姻登記をした場合のいずれもご相談可能です。
中国人同士の夫婦が日本で離婚しようとする場合,協議離婚,調停離婚,裁判離婚いずれも可能です。
当事者または弁護士を通じた話し合いで条件がまとまるのであれば,協議離婚が可能です。
他方,話し合いがうまく合意できない場合は,裁判所で調停離婚,裁判離婚を進めることになります。
中国人同士の夫婦の離婚手続の場合,協議離婚,調停離婚,裁判離婚いずれの場合も,離婚協議書,離婚の調停調書,離婚判決を取得後,市区町村役場で届出をします。
その後,市区町村役場で発行してもらった離婚届の受理証明等について必要に応じて外務省の認証を取得した後,最後に在日中国大使館に離婚登記の届出をすることになります。
中国人同士の夫婦が日本で離婚手続を進める場合,原則として婚姻登記の原本が必要ですので,予めご用意ください。
中国国内で婚姻登記としてから夫婦で来日した場合など,中国大使館に婚姻登記が反映されておらず,そもそも婚姻関係にあることが確認できないために,最後の離婚登記が受理されないケースも散見されます。
中国人同士の夫婦が日本で離婚手続を進める場合,このような判断が難しい状況もありますので,お早めにご相談ください。

星野・長塚・木川法律事務所では,お住まいの地域で国際離婚の取扱いをする弁護士,法律事務所が見つからなかった方からのご相談も受け付けております。
中国語対応弁護士も在籍しております。
中国語対応弁護士,国際離婚の相談をご希望の場合は,星野・長塚・木川法律事務所東京事務所(03-6205-7705)宛にお問い合わせ下さい。

国際離婚 中国人同士の離婚手続・日本人と中国人の離婚手続”へ5件のコメント

  1. Li jinghe より:

    中国語対応弁護士をください

  2. 辻 勝彦 より:

    初めて御連絡を致します。辻(日本人)と申します。中国人の友人が、離婚を望んでおり、どの様に離婚をしたら良いか相談があったので、代理で御連絡させて戴きます。

    下記内容にて、日本国内で離婚を成立させる事が可能かどうかの、問合せになります。
    離婚に至る、概算の日数、必要な費用等々、その他付随する情報も戴きたくお願い申し上げます。

    尚、子供の親権は、妻側になるよう、非常に重要となります。

    【概略内容】
    ①離婚要望側:妻(31歳)・中国人・永住許可書保有
    ②離婚拒否側:夫(30歳)・中国人・妻の永住許可書を元に来日し在留許可所保有
    ③子供:二名 (男3歳・男4歳)
    ④離婚理由:1年間生活費を妻へ無支給、性格の不一致、子供への暴力(風呂場で子供ろ湯舟に落とす等々)
    ⑤居留状況:1年間別居状態、但し住民票は同一のまま
    ⑥婚姻届け:福建省にて婚姻届けを行った後、日本国内で婚姻届け提出
    ⑦妻両親:日本滞在(永住許可書保有)、妻、子供と同居状態
    ⑧夫両親:中国滞在
    ⑨夫両親:生活費を夫に代わって支給無し
    ⑩夫・妻職業:夫(建設業)・妻(アルバイト)
    ⑪夫収入:約35万円/月
    ⑫中国大使館婚姻届け登記有無:不明
    ⑬結婚歴:約5年
    ⑭出生地:福建省(両方)
    ⑮居民戸口簿:福建省の夫の両親自宅保管
    ⑯中国婚姻届け:福建省の夫の両親自宅保管
    ⑰中国身分証明書:妻(無し)・夫(夫保管)
    ⑬中国パスポート:妻(有り)・夫(夫保管)
    ⑭子供国籍:中国・身分証明書(無し)・パスポート(有り)
    ⑮子供在留VIZA:有(1年単位更新)・但し夫の捺印が必要
    ⑯妻両親意向:離婚で妻を支援
    ⑰夫両親意向:寄り戻りを希望
    ⑱子供養育権:妻強く希望、夫不明(一般的に中国文化的では希望)
    ⑲語学力・考え方
     ⅰ)妻:中学校より来日につき、日本語可(1級レベル)、専門用語不可、半分日本・半分中国思考
     ⅱ)夫:結婚後より来日につき、日本語不可 (5級レベル)、中国思考
     ⅲ)妻両親:日本語可 (2級レベル)、半分日本・半分中国思考
     ⅳ)夫両親:日本語不可(全く不可)、中国思考
    ⑳税納・保険・年金:妻(無し)・夫(有り)

    辻勝彦(代理問合せ者)携帯:090-2209-9277

  3. 辻 勝彦 より:

    先程、問合せを送信させて戴きましたので、受信されましたら、
    受信済の返信を戴きたく、宜しくお願い致します。

この投稿はコメントできません。