近年,オーナーが融資を受けてマンション1棟を建設し,サブリース会社が長期空室保証・家賃保証付きの一括借り上げ契約を締結するサブリース契約に関するトラブルや相談が増えています。

サブリース契約では,サブリース会社が契約勧誘時に長期間の家賃が必ず保証されるかのような営業もありますが,実際には借地借家法の規定もあり,家賃減額請求を完全に排除することは困難であることも珍しくありません。
また,サブリース契約は,結局のところ,民事の契約でしかないため,サブリース会社が経営破綻したり,資金繰りが悪化したりすると,結果的にサブリース契約での家賃保証が守られないトラブルも増えています。

星野・長塚・木川法律事務所では,賃貸不動産に関する法律相談,サブリース契約・1棟一括借上空室保証契約に関する法律相談を多数引き受けております。
首都圏以外のオーナーからのご依頼もお引受しておりますので,お住まいの地域でサブリース契約に詳しい弁護士が見つからなかった方も一度ご相談下さい。